本文へスキップ

一心堂は「印鑑・ゴム印・プリント」等など、お客様のご要望で何でも印刷するショップです。

電話でのお問い合わせはTEL.0439-57-2770

〒299-1163 千葉県君津市杢師1-9-7

『ピンクシャツデー』活動とは

ピンクシャツがシンボルとなったのは、カナダの学生が起こした行動に由来します。
舞台は、2007年のカナダ・ノバスコシア州のハイスクールです。ある登校日、9年生の男子生徒、日本でいえば中学3年生、ピンク色のポロシャツを着て登校したことでホモセクシャルだとからかわれ暴行を受け、耐えきれずに帰宅してしまいました。
それを聞いた12年生の男子生徒ふたり、日本でいえば高校3年生、その学校での学生生活も最後の年、いじめなんてもううんざりだ!アクションを起こそう!そう思ったそうです。そして、その日の放課後、二人はディスカウントストアへ行きピンクのシャツやタンクトップを50枚ほど買いこみ、その夜、クラスメートたちに学校のBBSやメールで呼びかけました。明日、一緒に学校でピンクシャツを着よう、と。

翌朝、ビニール袋に入れて持って行ったピンクシャツを校門で配り始めると、二人の目に映った光景・・・、それは、ピンクシャツを着た生徒たちが,次々と登校してくる姿。ピンクシャツが用意できなかった生徒は、リストバンドやリボンなど、ピンク色の小物を身に着けて登校してきました。
二人の意思は一夜のうちに広まり、彼ら二人が呼びかけた人数より遥か多くの生徒たちがピンクシャツやピンク色のものを身につけ登校してきたことで、その日、学校中がピンク色に染まったそうです。そして後日、いじめられた生徒は、あのピンク色のポロシャツを再び着て登校してきました。

以来、現在にいたるまで、その学校でいじめを聞くことはないそうです。いじめに対抗しようと立ち上がった学生たちは、言葉や暴力でなく、行動で意思表示をしました。
この行動がきっかけとなり、現在カナダでは毎年2月最終水曜をピンクシャツデ―とし、この日に、学校・企業・個人を含めた賛同者がピンクシャツを着て「いじめ反対」のメッセージを送っています。
学生たちが起こした行動は、地元メディアで取り上げられると、瞬く間にカナダ全土へと広がり、アメリカのトークショーやスペイン最大の新聞でも紹介されるなどして、現在も世界へと広がってます。メディアで彼らのことが紹介された翌日には、アメリカ、バミューダ、ノルウェー、スイスから彼らの元へ多数の賞賛・感謝を伝えるメールが届いたといい大きな反響が伺えます。

(ピンクシャツデーキャンペーン)より 公式ホームページはこちら

この活動にご協力頂ける方にピンクTシャツを差し上げています。
詳しくは、0439-57-2770 又は issindo@rice.ocn.ne.jp まで
少しでも『いじめ』が無くなる街をいっしょに作りましょう!!




shop info店舗情報

一心堂

〒299-1163
千葉県君津市杢師1-9-7
TEL.0439-57-2770
FAX.0439-57-2781





Pink Shirt

pinkshirt01.htmlへのリンク

pinkshirt02.htmlへのリンク